炉石~勇者斗恶龙~中国語

ハースストーンやドラクエライバルズ、中国語の勉強進捗いついて

13日にライバルズが調整入るらしい

こんにちは、弥七です。

 

13日に新弾リリース後恒例になりつつある調整が入るようです。

もう様式美。当たり前になってはいけないことなんですけれどね。

正式リリースする前にバランスくらい考えろって話です。

調整の感想

詳しくは下のアドレスから見れるのでそちらで。

cache.sqex-bridge.jp

上方修正は勝率が低そうな商人、魔剣士。妥当。

特にメタル関係のパワフルバッジは見ないし使われても沢尻ばりに「別に」という悲しい現状。

魔剣士は普通にTier1食い込めそうな強化。

特に「アスラ王」のコストが1下がり7になるのは強い。これ強すぎます。

現状強いデッキはコストの踏み倒しカードが鍵になっていてほかの多くのカードゲームでもコストの踏み倒しは慎重になるんですけれど、このゲームはポンポン出す。

今回の調整はかなり面白いですが運営はもう少しカードゲームのこと勉強するべきでしょう。

シャドウバースとは違う意味でやばいです。

シャドウバースは本当にもうやりません。ついていけない。マシになったらツイッター教えてください。

占い師はもう無理か

「魔術師のタロット」がコスト1上がり踏み倒しは1下がる。コストが4になるのはどうでもいい。

3コストの踏み倒しが問題でこちらは影響が大きそう。

「しんりゅう」が5コストになる。

「運命の輪」が1コスト、「魔術師のタロット」が4コスト、「タロットシャッフル」が1コスト、そして踏み倒し後の「しんりゅう」が5コスト。

テンションスキルがからまなければ全部で11コスト。1ターン内では「しんりゅう」に届きません。

テンションスキルでどちらか1枚を手札に加える必要があります。ヘビー。

「キースドラゴン」を踏み倒しても2コスト。

結論、この軸のデッキはなかなか厳しい。

僧侶はもう厳しいか

ほとんど影響ないと思います。

今回コストが1上がった「スピリットリンク」はコストが低いのが強いのではなく、デッキのコンセプトである地形を1枚で2つ作ってしまうことですからね。

4コストなら厳しかった。

魔法使いはもう厳しいか

全然。これはテンションスキルをいじらない限りどこまでいっても前線です。

次期環境

戦士、魔法使い、僧侶。真ん中に魔剣士、占い師、武闘家。相変わらず商人は厳しい。

まとめ

日本人カードゲーム作るの本当に下手だなと改めて実感。

もう資本金は日本の会社が出して製作は海外に発注したらいいんじゃないかな。無理だと思う。

ルールやカードデザインは海外に発注してイラストは日本人がやればいんじゃない?